• ホーム
  • 苦丁茶(一葉茶)について

苦丁茶(一葉茶)について

苦丁茶(一葉茶)はいわゆるお茶の樹(カメリアシネンシス)を原料としたお茶ではありません。
中国南部原産の苦丁樹の先端(新芽)を原料として製茶されています。
苦丁茶の栽培は国家もしくは省管理の下に主に中国南部の地方で栽培されていますが、栽培園の管理から無農薬有機肥料使用が原則で、製茶の際にも添加物は使用しない天然原料の汚染の心配の無い食品です。
中国において苦丁茶の等級は、「特級」「一級」「二級」「三級」と四種類の等級があります。
お値段の違いはこの等級によるところですが、「苦丁茶(一葉茶)専門店」では「特級」の苦丁茶をお届けしております。
 


苦丁茶(一葉茶)を初めて飲まれる方へ(お味について)
苦丁茶(一葉茶)は字のごとく、苦い風味のお茶です。
おそらく経験したことの無い味覚の苦味ではありますが、苦丁茶(一葉茶)の苦味は嫌な苦味ではありません。
苦丁茶(一葉茶)の味は苦味だけでなく、甘み、渋みといった複雑な判別しがたい味覚なのですが、やがてそれを旨味と感じて頂けます。(非常に後味が爽やかな苦味です。)
また使用量と抽出時間でその味覚は調整して頂けますので、初めて飲む際は少量を短い抽出時間でお試し下さい。
やがて飲みなれますと、苦味が強くないと何となく満足できなくなって参ります。
 


苦丁茶(一葉茶)の飲み方
まず初めて苦丁茶(一葉茶)を飲まれる方はお味に慣れて頂く為に、最初は一本使用で抽出されてください。(苦味に慣れて頂く為)
お味に慣れますと自然と使用本数は増えて参りますが、出来れば使用本数を5~6本程度まで増やされて下さい。
一日に飲む量の制限はありませんが、出来れば日に三回以上で合計1L以上をお飲み頂くのがお勧めです。
また苦丁茶(一葉茶)は、他の茶葉とブレンドで飲んで頂くにも最適です。
苦丁茶(一葉茶)はどんな中国茶の茶葉とブレンドして飲まれても、お互いの茶葉のお味を引き立てる役割をしてくれます。