宜興窯と紫砂について

■宜興窯(ぎこうよう)
宜興窯は中国八古窯の一つで、江蘇省宜興市(こうそしょうぎこうし)の郊外を中心に現在も紫砂壺を中心として、国営工場も含め作陶は盛んに行われています。宜興市の中心部は陶芸の町を感じさせる物は少ないのですが、中心部から車で20~30分の丁蜀鎮という町まで行くと常滑同様、土管・甕・鉢が町の彼方此方で売られています。現在国営工場は第一・第二とも営業はしていますが、そこで製作されている紫砂壺は型出しの茶壺が中心です。
■紫砂壺(しさへい・しさこ)
紫砂壺の特徴ですが、紫砂壺でお茶を淹れますと渋みや灰汁が茶壺に吸収され、お茶が美味しくいただけます。これは材料と焼成方法による特徴で、日本では焼き締めの常滑・備前・信楽焼きにも共通した特長でもあります。しかしながらその効果は、紫砂壺が一番と思われます。これは同じお茶を同じ条件で、普段お使いの急須と紫砂壺で淹れたお茶を飲み比べられれば納得がいかれる事と思います。つまり紫砂壺は中国茶ばかりでなく、日本茶も美味しくいただけるのです。
■中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」でのお取り扱い紫砂壺について
中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」では、型出しの量産紫砂壺は取り扱っていません。作家による手作りの紫砂壺のみを取り扱っています。また中国では偽物(レプリカ)製作が盛んで、本当の意味では作家本人から購入した紫砂壺以外はレプリカの可能性も疑わなくてはなりません。また一般の観光で宜興を訪れて商店で購入される紫砂壺は、そのほとんどが本物ではないばかりか、宜興産でない可能性があります。中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」で取り扱う紫砂壺は、作家本人から直接購入した物、及び信用できる仲買人から購入した紫砂壺のみです。基本的にお値段の高い紫砂壺には、作家の証明書をお付けしています。比較的お値段の手頃な紫砂壺については、作家の証明書の無い物も有ります。証明書が無い場合は偽物という訳ではなく、仕入れの際にどうしても証明書が用意できなかった物、もしくは有名作家ではない為にもともと証明書を用意していない紫砂壺です。
■何故手作りにこだわるのか?
中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」では、何故作家物の手作り紫砂壺にこだわるのか?良質な紫砂の材料はもう産出量が少ないので、一般的な材料と比較すると十倍の価格差があります。ですから型出しの紫砂壺には良質な材料は現在使われていませんし、値段の高い材料は一部の作家が確保してしまいます。つまり紫砂壺独自のお茶を美味しく淹れてくれるメリットが、型出し紫砂壺には期待が出来ないのです。これは機能面での理由ですが、一番の理由は型出しの紫砂壺には茶壺そのものの気品を感じられないからです。死壺、生壺という言葉がありますが、型出しの大半は正に死壺で、手作り茶壺は生気さえ感じられるものがあります。手作り茶壺といっても作家は数え切れない位大勢居ますし、作風も様々です。中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」ではあくまでも、私自身の目に適った紫砂壺のみを扱っています。
■作家物紫砂壺とその値段
中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」で取り扱う手作り紫砂壺は、ほとんどが作家のアトリエなり自宅なりで製作されています。宜興紫砂壺は電動轆轤を使用した製作方法ではなく、土を板状に伸ばして成形する「タタラ作り」なので、小さなスペースでも製作可能なのです。基本的に材料と道具さえあれば、何処でも作陶できるのです。ある女性作家は家事を行いながら、キッチンとバスルームをつなぐ半畳程のスペースに机を置いて、そこで作陶していました。また宜興のほとんどの作家は、電動轆轤を見た事もなければ触った事もないのです。宜興の手作り紫砂壺の作家は、国と省が認定する資格を持っています。その資格によって勿論作品の値段も変ってきますし、茶壺に対する価値観も日本とはだいぶ違います。例えて言うなら日本では抹茶茶碗が珍重されますが、中国では茶壺が珍重されるのです。その中でも宜興紫砂壺は一番珍重される物で、その値段は現地でさえ、有名作家の茶壺は車並み、いや家が買える程の値段なのです。まして骨董品(古壺)となると本物であれば信じられない値段で取引されていますし、日本との価値観の違いを感じます。では一般的な紫砂壺は一体幾らなの?と思われるでしょうが、これも一概には言えません。型出しの安物なら一個数百円から有りますし、型出しといえども数万円の紫砂壺も売っています。(これは宜興の現地価格です。)作家による手作りの紫砂壺は現地で¥5.000~数万円で購入可能ですが、一般的には販売されていませんので手に入れるにはコネが必要となります。また宜興紫砂壺は近年、中国の物価の上昇と共に異常な値上がりが続いています。これは紫砂材料産地である黄龍山の紫砂の鉱脈の枯渇が現実問題となってきた事と、宜興紫砂壺までもが投機の対象となっている事が主な原因です。人気作家さんや有名作家さんの作品は常に値上がりが続いていますので、ご了解下さい。
■中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」での取り扱い紫砂壺とお勧めの作家
中国茶器と中国茶の専門店「恒福茶具」では様々な作家物紫砂壺を扱っていますが、基本的に有名作家の紫砂壺は手の届く作品ではないので、技術力の有る若手の作品を中心に取り扱っていきます。国家認定及び省が認定する資格を持っていなくとも、技術力の高い若手作家は大勢居ます。無名であっても、作品そのものに技術力と気品を感じる事が出来る作品を作っている作家を、皆様にご紹介していきたいと思います。現時点では「張泉林」が一番のお勧め作家ですが、既に彼は有名になりすぎて簡単には買えない作家の一人となっています。